まずは管理会社や大家さんになくしたことを伝えよう

マンションやアパートの玄関鍵をなくしたことに気がついたら、速やかに大家さんや管理人さんに伝えることが重要です。
その際に、怒られたらどうしようと考えたり、黙って鍵を交換する人もいますが、後で発覚すると余計に怒られることになるので、素直に報告する必要があるでしょう。

伝えないと契約義務違反?

また、賃貸契約の義務に違反する恐れがありますから、思い当たるところを探しても見つからない場合は、なるべく当日中に大家さん・管理人さんに報告するのが賢明です。賃貸契約の義務違反になってしまうと、最悪退去が求められてしまいますから、鍵をなくしたら遅くとも翌日までには報告を済ませるのがベターです。

鍵をいつなくしたのか?行動を振り返る

最後に鍵を確認したタイミングと、それまでの行動を振り返ってみると、案外なくした場所が分かることがあります。
大家さん・管理人さんになくしたことを伝え、代わりの鍵を受け取ったら、警察に紛失を届け出た方が良いでしょう。
また鍵が見つかった場合は大家さん、管理人さんに見つかったことを伝えて1つ返却します。しかし時間が深夜で大家さん・管理人さんと連絡が取れない時は、鍵屋さんに連絡して開けてもらうのもありです。費用がかかるのはネックですが、家を締め出される状況が早く解決します。
大家さんや管理人さんには事後報告になりますが、経緯を伝えて報告しましょう。
ちなみにコンシェルジュが常駐するマンションであれば、コンシェルジュになくしたと伝えて対応してもらえるので安心です。